軽視しがちなブローカーに関わるリスク

FXのリスクはロスカットや追証など取引によるリスクに注目されがちですが、ブローカー(証券会社)の環境リスクというものもあります。

せっかくFXで稼ごうとしているのに、ブローカーが倒産しては元も子もありません。
FXブローカーはまず倒産しないような証券会社を選ぶべきです。

万が一、ブローカーが倒産した場合、自分の資産が戻ってくるには、信託保全がなされていなければなりません。
現在は信託保全が義務化されているので、昔ほど怪しい業者は少なくなりましたが、信託保全の仕組みのチェックは最低限しておくべきです。


ClientFundSafety
一般的な信託保全のスキーム

信託保全とは、顧客から預かった証拠金を、証券会社の財産とは分離して、第三者に預け入れて、資産管理を委託することによって、顧客の資産を保全する方法です。

証券会社が倒産した場合、信託先の金融機関から受益者代理人と呼ばれる金融機関の社外代理弁護士から、資産の返還がなされることになります。


信託保全にはいくつかの種類があります。
  • 完全信託保全
    • 顧客の証拠金の全てを金融機関に預け入れて、完全に会社の資産とは分けて管理する
  • 分別保管
    • 金融機関への信託は行わないが、自社内で分別管理する
  • 一部信託保全
    • 顧客の証拠金の一部を金融機関に預け入れて、分別管理する
上記の通り、完全信託保全以外の方式では、万が一ブローカーが破綻したときに、証拠金の一部またはすべてが返ってこない可能性があります。
その為、我々は「完全信託保全」のブローカーを選ぶべきです。

信託保全のチェックポイントとしてもう一つ重要なのが、信託残高をいつ修正するかという点です。
ブローカーから金融機関への顧客の資産を移行する間隔が長くなれば、その間の証拠金の変動が保全されなくなります。
従って、残高の修正頻度は高いほうが良いです。
主に、「日次信託」と「週次信託」の二つがあり、理想は「日次信託」です。


FX業者は上記の、完全信託保全であること、日次信託であることを条件に選びたいですね。