EUR/GBP

M1
サイン数
M1
利が伸びたサイン
M5
サイン数
M5
利が伸びたサイン
M15
サイン数
M15
利が伸びたサイン
振り返り 信頼率
(M1)
信頼率
(M5)
信頼率
(M15)
信頼率
(All)
22 11 3 1 0 0 5分足のEMA収束から出るサインはダマシも少なく伸びる。逆にEMAへ戻す方向のサインはダマシが多い。トレンドの見極めが重要 50% 33% 0% 48%
EURGBP_M5_00
EURGBP_M5_01


EUR/JPY

M1
サイン数
M1
利が伸びたサイン
M5
サイン数
M5
利が伸びたサイン
M15
サイン数
M15
利が伸びたサイン
振り返り 信頼率
(M1)
信頼率
(M5)
信頼率
(M15)
信頼率
(All)
29 11 2 1 2 0 裏目に出るサインが多い。上位足はレンジなので当然といえば当然 38% 50% 0% 36%
EURJPY_M5_00
EURJPY_M5_01

EUR/USD

M1
サイン数
M1
利が伸びたサイン
M5
サイン数
M5
利が伸びたサイン
M15
サイン数
M15
利が伸びたサイン
振り返り 信頼率
(M1)
信頼率
(M5)
信頼率
(M15)
信頼率
(All)
26 4 5 4 0 0 1分足が壊滅的に信頼できない。上位トレンドは下だが、直近上に戻しているところ。いつ下へいくか分からない。レンジ傾向がやや強いことが影響している。波形が出ていないときのサインは無視しないといけない 15% 80% 0% 26%
EURUSD_M5_00
EURUSD_M5_01

GBP/JPY

M1
サイン数
M1
利が伸びたサイン
M5
サイン数
M5
利が伸びたサイン
M15
サイン数
M15
利が伸びたサイン
振り返り 信頼率
(M1)
信頼率
(M5)
信頼率
(M15)
信頼率
(All)
24 10 2 1 1 0 信頼できるサインはやはりEMA収束後の乖離開始時。5分足サインは直近のNLをブレイクしない場合は反転している 42% 50% 0% 41%
GBPJPY_M5_00
GBPJPY_M5_01

GBP/USD

M1
サイン数
M1
利が伸びたサイン
M5
サイン数
M5
利が伸びたサイン
M15
サイン数
M15
利が伸びたサイン
振り返り 信頼率
(M1)
信頼率
(M5)
信頼率
(M15)
信頼率
(All)
24 13 1 0 1 1 パーフェクトオーダー中のトレンド方向へのサインは信頼できる 54% 0% 100% 54%
GBPUSD_M5_00
GBPUSD_M5_01

USD/JPY

M1
サイン数
M1
利が伸びたサイン
M5
サイン数
M5
利が伸びたサイン
M15
サイン数
M15
利が伸びたサイン
振り返り 信頼率
(M1)
信頼率
(M5)
信頼率
(M15)
信頼率
(All)
29 14 5 3 0 0 ドローダウンはあるものの、ダウに従ったサインなら10pips以上伸びている。損切りさえ怖がらず適切におければ信頼性は割とある 48% 60% 0% 50%
USDJPY_M5_00
USDJPY_M5_01

今後課題など

これまでサインが出ても裁量でカバーしようとしてきたが、感情が邪魔をして入るべきところや見送るところでエントリしたりしなかったりが多かった。
今回から裁量を除いた純粋なサインの数と、その後ドローダウンが少なく伸びて行った数の統計を取っていってみる。

統計は先週から始めたが、今週のを見ると、信頼率はものすごく低い。
このままEAにしたら散々な結果になる。
乗るべきサインが出るときの環境を分析して、シグナルの精度を高めていくことが今後の当面の課題。

明らかに分かっている条件は、短期のダウに逆行する逆張りは全く伸びないことと、EMA収束状態からの初動が伸びること。
波形が出ない事には、ダマシのサインしか出ない。