EUR/GBP

EURGBP_M5_00
EURGBP_M5_01
サイン数 利が伸びたサイン 信頼率  
M1 M5 M15 M1. M5. M15. (M1) (M5) (M15) (All) 振り返り
27 8 2 5 1 2 19% 13% 100% 22% 先週同様、ダマシのサインがほとんど。ボラティリティがすべて。
波が出ない事にはサインに乗れない。

EUR/JPY

EURJPY_M5_00
EURJPY_M5_01

サイン数 利が伸びたサイン 信頼率  
M1 M5 M15 M1. M5. M15. (M1) (M5) (M15) (All) 振り返り
28 2 6 6 0 5 21% 0% 83% 31% 波があったので、15分足サインが珍しく伸びた。
ただ、トレンド的には方向感が無かったので、乗り難かった

EUR/USD

EURUSD_M5_00
EURUSD_M5_01
サイン数 利が伸びたサイン 信頼率  
M1 M5 M15 M1. M5. M15. (M1) (M5) (M15) (All) 振り返り
27 2 4 8 2 2 30% 100% 50% 36% EMA収束からの乖離はじめで出たサインは信用できるが、そのプルバックからのサインがたまに失速する。
この動きはプライスアクションを見るしかなさそう。
例えば、プルバックからのLサインで上へ行こうとし、3回上を試して失速した事実から撤退を考える。
一度持ったポジションは何かしら理由をつけて利が乗るまで保持したくなるクセがあり、チャートが止まってる週末検証でも、エントリしたことを想像して、離したくない感情が湧いてる。

GBP/JPY

GBPJPY_M5_00
GBPJPY_M5_01

サイン数 利が伸びたサイン 信頼率  
M1 M5 M15 M1. M5. M15. (M1) (M5) (M15) (All) 振り返り
22 7 2 13 2 2 59% 29% 100% 55% ポン円は他通貨に比べてサインの信頼率が高い。
波形がしっかり出ているためなので、今後もボラティリティが低いときをきちんと見極めていくこと。
乗るべきサインはEMA乖離開始。これ絶対。

GBP/USD

GBPUSD_M5_00
GBPUSD_M5_01

サイン数 利が伸びたサイン 信頼率  
M1 M5 M15 M1. M5. M15. (M1) (M5) (M15) (All) 振り返り
31 7 2 5 0 1 16% 0% 50% 15% ボラはあった方だが、サインの信頼度が悪かった。
EMA乖離開始時とプルバックからのサインがほとんど出ていない。
先週と同様。
上位足の波形も汚い。今はあまり触る状態の通貨ではないのかも知れない。

USD/JPY

USDJPY_M5_00
USDJPY_M5_01

サイン数 利が伸びたサイン 信頼率  
M1 M5 M15 M1. M5. M15. (M1) (M5) (M15) (All) 振り返り
39 2 4 10 2 3 26% 100% 75% 33% やはりEMA乖離開始から出るサインは精度が高い。
波形も綺麗なほうだったと思うので、サインを見誤らなければ、高い勝率を保てる。
引き続き、波を見る力を上げていく必要がある。

今後課題など

  • ボラティリティが低く、綺麗な波形が出ていないときサインには乗らない事。綺麗な波形を見極める力を継続して上げていく必要がある。
  • 一度持ったポジションを離したくない気持ちが強いことを改めて理解した。つまり損切りに躊躇があるということ。利が乗らず、想定と違う動きをしたらさっさと切るべし。