EUR/GBP
  • 2017/04/24
EURGBP_M5_20170424_0000

11時の安値切り上げ&ネックライン反発でロング出来るが、ネックラインがイマイチ分かりにくい。また直前の上昇の頂点までが第一目標だが、値幅が小さい。
21時のロングサインはEMA収束から乖離開始も重なっているので、リスクを取ってINできる。
0時過ぎのショートサインは、逆張りなので厳しいところ。
  • 2017/04/25
EURGBP_M5_20170425_0000

長期的にボトムを付けた印象があり、今はレンジっぽい動きだが、暫くロング目線でいいかも。
しかし短期目線でポジションを取れるところが無い。
  • 2017/04/26
EURGBP_M5_20170426_0000

出るべきところでサインが出た稀有な例。
15時のショート、2時のロング。(2時のロングはやや微妙だが)
値幅は相変わらず狭い。
  • 2017/04/27
EURGBP_M5_20170427_0000

15分足で見ると綺麗なアーチの天井になったのが10時過ぎのショートポイント。
EMA収束からの乖離開始点&ネックライン反発でもあった。
強者の値を見つける訓練が必要。
  • 2017/04/28
EURGBP_M5_20170428_0000

15時の上値抵抗ブレイクと同時にロングサインも出た。中々の好条件。
EUR/GBPはボラの高低が激しいので、乗るべきかどうかの判断が難しいが、一応前日までの動きから判断出来る。ボラが高まるとそれだけ損切り注文が沢山溜まるので、一度高まるとその注文がはけるまではそれなりに波が高くなるはず。
18時のロングはサインこそなかったが、安値切り上げ&下ヒゲローソクで一応入れる。ただ、左の高値の壁が嫌な感じ。


EUR/JPY
  • 2017/04/24
EURJPY_M5_20170424_0000

19時過ぎと23時にショートサイン。19時のサインで入ったとしたら、損切りは直前の高値119.90付近。損切りにならなかったが利が乗り始めるのもだいぶ遅い。
23時で入っていればストレスフリーだった。19時のサインで入らないようにするには?
環境認識からは、大きな上窓のため、順張り方向はロングになる。逆張りショートは入らないとしておけばいい。
むしろ3時の119.00が硬いことからそこでロングがいい。
  • 2017/04/25
EURJPY_M5_20170425_0000

ドル円↑、ユーロドル↑。ユーロ円はボーナス相場。
どこでロングしても儲かる。といいつつも、19時頃の押し目でロングしてある程度利が乗ったら逃げてしまいましたが。
  • 2017/04/26
EURJPY_M5_20170426_0000

9時前、13時過ぎのロングサイン、21時前のロングサインは狙い目。
21時は実際に見張っていたが、このとき17時半頃の戻り安値ラインを抜けたので、一度押してくるのを待っていた。
しかし、押し目無しに上がってしまい、結局ロング入れず。
押し目が無いケースも取れるといいが…。すべてを狙う必要は無いので、無理しない。
  • 2017/04/27
EURJPY_M5_20170427_0000

ずっとレンジが続いた一日。
121.90の黄色ラインの少し上の122.00は前日の高値ラインが控えていた。
21時半の急騰はドラギECB総裁による定例記者会見によるものだった。この急騰を見て、前日高値を抜けなければ、戻り売りが狙えると判断して、上ヒゲを付けた次の足の121.70からショートした。
全戻ししたところで利確を考えたが、もともと揉み合っていたゾーンで買いを入れた人、121後半で慌ててロングした人の損切りを巻き込めばもう少し落ちそうだったのでホールド、121円割れで決済できた。
  • 2017/04/28
EURJPY_M5_20170428_0000

15時の上値抵抗ブレイク。これは取らないといけないところ。Wボトムの右側で安値を試したあと12時過ぎの高値を簡単に抜いた。
今週のユーロ円はボラティリティが高かったので、大きい動きに警戒すべき銘柄だった。


EUR/USD
  • 2017/04/24
EURUSD_M5_20170424_0000

上窓スタートの週。環境はロング方向推奨。
ロングサインが3つほど出ているが、思ったほど伸びていない。上値も重い展開。
  • 2017/04/25
EURUSD_M5_20170425_0000

窓を埋める様子は無く、ユーロは上目線継続。
水平線のプライスアクションだけでいい感じの日だった。
  • 2017/04/26
EURUSD_M5_20170426_0000

15時と0時前にショートサイン。
15時はライントレードも出来る良いポイントだった。
ただ、5分足では上ヒゲのローソクが無かったため、ラインブレイクを信じ切れたかどうか。
ヒゲが無い足でも、15分足以上で見れば上ヒゲ足なんだから、それほど気にするほどでもないか。
  • 2017/04/27
EURUSD_M5_20170427_0000

ユーロ円と同じく、21時半の急騰の反落は狙い目だった。
ユーロ円だけ見ていたので、リアルではこちらはスルー。当然同じ思考が成り立つので、こういうチャンスに複数通貨見れるようになれば、獲得pipsも倍になるのだが…。なかなかそこまで機転が回らない。
  • 2017/04/28
EURUSD_M5_20170428_0000

ユーロ円の上昇は、円安ではなく、ユーロ安によるもの。
ユーロドルも同じく、15時過ぎにWボトムから上値抵抗ブレイクし、EMA収束から乖離し始めた場面。なかなか綺麗なセットアップ。
この動きを見てクロスユーロのペア全てでエントリ出来ると幸せ。


GBP/JPY
  • 2017/04/24
GBPJPY_M5_20170424_0000

16時半ごろのロング、22時過ぎのショートが狙い目。
環境認識はロング方向推奨。
  • 2017/04/25
GBPJPY_M5_20170425_0000

ドル円が一方的な動きになっているので、ポンド円もボーナス相場だった。
が、ボラティリティあり過ぎるとストップも広くなるので、ちょっと手が出なかった。こういう場面で見てるだけってのはもったいない。
(勿体ないという感情もトレードには邪魔・・・)
  • 2017/04/26
GBPJPY_M5_20170426_0000

13時と21時前にロングサイン。中長期EMAからの乖離始めで出るサインは良く伸びる。
19時前のチェックサインでは、1分足でロングサインが出て、ロングしてしまった。損切りラインは黄色ラインだったので利益にはなったが、含み損の期間が2時間くらい続いて、死にそうな気分だった。そのせいで、プラマイゼロになったところ(つまり21時前のロングサイン)でカットしてしまったという最低なトレードをやっている。
  • 2017/04/27
GBPJPY_M5_20170427_0000

7時の上げは前日からの下げの反転で、上値抵抗を抜けたところ。
13時の押し目は中長期EMAに戻してきたところからの反騰。
後から見れば分かり易いが…値動きがポンドらしからぬもので、とても入れたものじゃない…。
しかも時間帯が悪い。7時と13時なんていつもは全く動かない時間。動きがあるとは思えない。
こういうところが取れなかったからとガッカリするのではなく、むしろ入らなかった自分を褒めておこう。
  • 2017/04/28
GBPJPY_M5_20170428_0000

16時からポンド高の動きとなったが、ポンド円は14時以降、ほぼ同じ値幅のローソク足が交互に出ていて、上下どちらに飛ぶか読み難い状況だった。
ポンドドルを見てついていくことはできたかもしれないが、円の動きに引っ張られるシナリオも考えられたので、ここは見送り。


GBP/USD
  • 2017/04/24
GBPUSD_M5_20170424_0000

環境認識からは、狭い値幅のレンジ相場。あまり手を出したくない地合い。
とはいえ100pipsほどの値幅があるので、超短期でならば取引可能。
それにしても入れそうなポイントが少ない。ロンドン市場オープンの16時の逆張りから18時過ぎのドテン、なんて綺麗に取れればいうこと無しだが・・・まあ厳しい。
  • 2017/04/25
GBPUSD_M5_20170425_0000

14時過ぎの上昇を取れればグッド。
長期的にも先週からロング目線になりつつあるので、スイングロングのチャンスだったかも。
  • 2017/04/26
GBPUSD_M5_20170426_0000

22時過ぎの安値切り上げポイントは何とか入れるか?
ポンドらしからぬ低ボラティリティで、最近はホント何も出来ない。
  • 2017/04/27
GBPUSD_M5_20170427_0000

安値切り上げ&上値抵抗を抜けた&短期EMA GCとなった10時過ぎのポイントはロング出来たか。
また、前日高値、キリ番を抜けたところでもあった。
ロング条件としては好条件が揃っていた。
  • 2017/04/28
GBPUSD_M5_20170428_0000

先週足の高値を抜いたことで、上値余地が出たポンドドル。
16時前に安値を切り上げて上昇の気配を出して、16時過ぎから一気に上昇し始めた。珍しく綺麗なセットアップとなった。
ボルマン式のエントリポイントでもあり、1,5,15分足すべてで手法のロングサインも重なった。ここは取らないといけない。
23時のロングサインも綺麗。Wボトムの右側からネックを抜いてサイン出現。Wの高さだけの値幅が期待できる場面。(もう見てなかったけど)


USD/JPY
  • 2017/04/24
USDJPY_M5_20170424_0000

環境認識的にはロング方向推奨だが、イマイチ伸びが悪く、21時以降下落に転じた。
ショートは引っ張らない前提でなら、21時過ぎからショート目線転換、20時の押し安値抜けでショート行ける。
  • 2017/04/25
USDJPY_M5_20170425_0000

9時過ぎのロングサインがすべて。ボーナス相場。
窓埋めは期待出来なく、環境もロング推奨。
  • 2017/04/26
USDJPY_M5_20170426_0000

13時過ぎ、17時前のサインは値幅は見込めないが、短期で入れそう。
あと21時前のロングサインも。
環境はロング推奨だったから、ショートは見送り。
  • 2017/04/27
USDJPY_M5_20170427_0000

低ボラティリティ過ぎる。
昼間の時間帯、無駄にエントリして損切りを連発してしまった。
レンジだというのに、トレンド起点になることを期待してエントリしてしまうから、順張りエントリは即逆行し、含み益になるポジションがほとんど無かったという酷いものだった。
この日はドル円でやられて、ユーロ円で取り戻せて、トータル微益。
  • 2017/04/28
USDJPY_M5_20170428_0000

GW前の昼間。ドル円に動きは無いだろうと高を括っていたので、サイン見逃し。
非常にきれいなセットアップだった。
上値抵抗ブレイク&手法のロングサイン


今後課題など
  • 押し目無しのボーナス相場に乗る度胸というか環境認識力を付けなければ…
  • チャートの左側から次の形を頭に描けるよう、エアトレード訓練は継続
  • レンジ相場で順張りをするクセを治すこと。これを無くすだけで勝率はグンと上がる。
  • 以前にも書いたが、ボルマン式と自分の手法サインが重なったところは見逃したくない。