Entry基準:1時間25EMAと15分25EMA収束状態&抵抗線ブレイクまたは反発
Exit基準:15分EMAを実体で抜き返すところ、ラウンドナンバー反発など。(Exitは永遠の課題)

EUR/GBP
EURGBPM15.png

赤枠部分の11時以降、EMAに纏わりつく感じで上下に動き、EMAに支えられてから跳ねる動きなし。1時間EMAが右肩上がりなので、ショートは無し。ロング楽観エリア。
矢印1:赤枠揉み合いの後、初めてEMAの上で支えられて上に上がって先週足の高値を抜いたところでロングエントリ。
矢印2:左側の押し安値と1時間EMAを下抜けた後、反発上昇するがEMAに頭を押さえられたところでショートエントリ。押し安値を割ったことでロングは無くなった。
矢印3:ショート楽観エリア。EMAを上抜けたが1時間EMAにはタッチも出来ず。再びEMAを下回ったところでショート
矢印4:下り最後の戻り高値と1時間EMAを抜いた後、下ヒゲ足確定したところでロングエントリ
矢印5:高値を抑えられていたレジスタンスを抜けてきたところでロングエントリ

EUR/JPY
EURJPYM15.png

値幅があるのでチャンスを狙いたくなるが、週前半の赤枠部分はエントリできそうな綺麗なポイントは無かった。
1時間EMAは右肩上がりなのでロング楽観エリアではあるが、15分1時間両方のEMAの上下を彷徨う不安定な値動きになっている。
EMAを跨いで乱高下する相場は様子見することを徹底したい。乱高下を伴う揉み合い部分はトレンドの天底か半値ゾーンであることが多い。ユーロ円は天井を付けた可能性あり。来週はショート主体かな?
矢印1:値動きが収束してきてサポートラインを一度下抜けて戻ってきたが、EMAに頭を押さえられたところでショート
矢印2:1ショートの追撃。少し戻すが15分EMAにも戻しきれず下落。

EUR/USD
EURUSDM15.png

狙えそうなポイントはあったが、波の勢いが強く、乱高下気味の値動きなので、リスクが高い週だったと思う。ブレイクアウト的なものもあり、損切りラインまでどうしても遠くなってしまう。損切りが遠くなる場合は枚数を減らすことを徹底すること。
矢印1:ブレイクアウトのロングエントリ。直近の大陰線を短期間で上抜いた勢いに乗る。
矢印2:押し安値を下抜けてからの戻り売り。ショートエントリポイントになるが、すぐに戻されて損切りか建値で終わってしまう。
矢印3:上ヒゲ2連発で懲りずに再度ショートエントリポイント。
矢印4:戻り高値を上抜いて、15分1時間両方のEMAに支えられて上昇したところでロングエントリ。損切りラインがかなり下になってしまう。
矢印5:最後の押し安値を抜いていないので消極的なショート。

GBP/JPY
GBPJPYM15.png

週前半はEMAの傾きと実際の値動きが逆になる乱高下で手を出すと死ねる動きだったと思う。矢印のところでロングショートの形にはなっていたが、すぐに逆行している。
明確に狙えるようになったのは週後半。値動きが収束して、EMAの傾きとプライスの方向が一致した矢印1でやっとショート。

GBP/USD
GBPUSDM15.png

週前半は1時間EMAがほぼ水平、ボラティリティ低すぎてエントリ出来そうなポイントはいくつかあったが、即逆行ばかり。
波の形が出来た金曜の矢印1が今週唯一のチャンスだった。
ポンド酷すぎ。

USD/JPY
USDJPYM15.png

週前半の上値抵抗線を抜けたと思ったらまた戻してまた抜けて戻して・・・という酷い値動きだった赤枠で混乱した方も多かったのではないでしょうか?
実際自分はこの赤枠を見て方向がさっぱり分からなくなっていました。

その後、水平線を上へブレイクアウトしましたが、日足レベルの大きな波は下向きでスイングで戻り売り狙いもあったかと思います。

矢印1:短期で押し目買いポイント。損切りはキリ番ちょい下くらい。キリ番ちょうどの損切りは大体刈り取られるため。
矢印2:三角保ち合いから下へティーズブレイクしたあと、明確に下抜けた。ショートで入るには絶好のポイントだったと思う。ドル円で方向が出るとクロス円も引っ張られるので、同時に複数ショート持てると最強。