Entry基準:1時間25EMAと15分25EMA収束状態&抵抗線ブレイクまたは反発(順張り)、1時間25EMAから乖離した位置から戻しの流れが発生してからの押し安値(戻り高値)ライン反発(逆張り)
Exit基準:15分EMAを実体で抜き返すところ、ラウンドナンバー反発など。(Exitは永遠の課題)

EUR/GBP
EURGBPM15.png

矢印1:上値抵抗線をブレイク&赤線をブレイク&安値切り上げで上昇のセットアップを作ったあと、22時の時間節目でトレンドラインと15分EMAを上抜けでロング。1より前のWボトム安値切り上げでロング出来なくもないが、損切りラインが遠くなる。矢印1だと直近安値が損切りラインになるので、リスクをタイトに出来る。
矢印2:過去から揉み合ったキリ番ゾーン。安値切り上げから高値ブレイク。根拠がちょっと薄いけどお試しロング行けそう。

Aは先週足の最高値。矢印1などでロングした人たちの利確目標をAラインとした人は大勢いるはず。そしてAライン手前に利確指値を入れている人もいるはずで、BでAラインに到達できず、一度利確下げ&新規売りの下げが起こった。
CはBで利確しそこなった人が最後に逃げるポイント。Bにわずかに届かず落ちている。そしてBやCの下落で売っていた人が天井の硬さを確認されたことから諦めて損切りして最後のDの上昇が起こった。
DでAラインを抜けたため、矢印1などで買っていた人たちは一気に決済し、急落していった。

EUR/JPY
EURJPYM15.png

矢印1:1時間EMA、15分EMAが収束している状態から下値抵抗線をブレイク。早朝ということもあり、実際に入るのは難しいが、流れ的には綺麗なエントリポイント(順張り)
矢印2:直前の下落の戻り高値ラインを抜いて、そのラインがサポートになり、更に時間替わりのポイント。1時間EMAへ戻している流れなので逆張り。利確目標は下落の起点になった矢印1のライン

EUR/USD
EURUSDM15.png

矢印1:上値抵抗線抜けから1時間EMAと15分EMAにタッチで下ヒゲ足を作ったポイント。底値から少々伸びているのでここからの急騰は期待薄だが、急落が無ければゆっくり上がっていく局面にもなりそう。先週足安値ラインというのもポイント。
矢印2:この上値抵抗で抑えられると、矢印1で買った人が逃げ出して一気に下落する可能性もあったが、ギリギリ支えられて押し目をつけて上昇。逆に矢印1あたりで売っていた人たちが諦めて投げて行ったポイントにもなる。

GBP/JPY
GBPJPYM15.png

矢印1:下値抵抗線ブレイク&EMA収束状態から乖離開始。値幅が期待できるセットアップ。
矢印2:5/29の高値をわずかに抜けるもピンバーになって一度落ちて、再度高値トライするも切り下げてしまった次の足からショート。完全裁量でショートしたポイント。
後半の流れはあまり綺麗じゃ無かったので入れるところは無かった。31日の安値更新のピンバーで入れ無くも無いが、条件的に少し厳しい。(結果上がってはいるが)

GBP/USD
GBPUSDM15.png

矢印1:月曜朝一の戻り高値ラインを抜けた後の押し目。月曜朝からは中々入り難いが一応形にはなっていた。
矢印2:下値抵抗を抜けて揉み合ってから、EMAに頭を押さえられながら乖離を始めたポイント。高値切り下げなので入り易いポイントだった。
矢印3:下降波の押し高値ラインをブレイクして最初の押し目。上昇の勢いがあるので損切り幅が大きくなりがちで怖いポイントだが、怖いと思うところこそ、条件が揃っているならリスクを取らないといけない。

後半はあまり綺麗な流れでは無かった。

USD/JPY
USDJPYM15.png

矢印1:1時間足レベルで下落の流れからの狭い値幅のレンジ。こういうところは乖離し始めると大きく動くことが期待できる。下値抵抗線を抜けて戻したところがエントリポイント
矢印2:最後の戻り高値ラインを抜けて最初の押し目。1時間EMAの下にはあるが、110.50キリ番からの反騰