Entry基準:1時間25EMAと15分25EMA収束状態&抵抗線ブレイクまたは反発(順張り)、1時間25EMAから乖離した位置から戻しの流れが発生してからの押し安値(戻り高値)ライン反発(逆張り)
Exit基準:15分EMAを実体で抜き返すところ、ラウンドナンバー反発など。(Exitは永遠の課題)

EUR/GBP
EURGBPM15.png

少し無理矢理くさいけど、入るとしたらこの辺?今週ユーロポンドは触ってません。
矢印1:下降ダウ中の下値抵抗線割れ&15分EMAからの乖離
矢印2:大きな下降ダウの中のゆっくりした上昇の最後。EMA収束から下向きに乖離開始
矢印3:英選挙出口調査結果から大きく跳ね上がり、三角保ち合いを上へ抜けたところ。EMAの上なので目線は上。

EUR/JPY
EURJPYM15.png

週前半は1時間EMAの下をずっともぐっていて、下降一辺倒だったため、エントリポイントがいくつかあった。
矢印1~4:下値抵抗線ブレイク&15分EMA下に値があるところでショート
矢印5:15分EMAを上抜け&上値抵抗線ブレイクでロング

EUR/USD
EURUSDM15.png

矢印1:1時間EMAの上なので押し目になるかもしれないところ。下値抵抗線をブレイクして、15分EMAの下にもぐって再度上抜けを試したが失敗の陰線を出したところでショート。
矢印2:15分EMAと1時間EMAの上を値が推移しており、上目線。上値抵抗線抜け&15分1時間EMA両方が収束して上へ放たれたところでロング。1時間と15分両方のEMAが固まってくる=小さなレンジ幅でエネルギーを溜めている状態
矢印3:揉み合いなので抜けた方向へついていくブレイクアウト狙いの場面。上値抵抗線が引ける波だったらロングになったところ。今回は下値抵抗線が引けて、上値が切り下がっていった。
矢印4:下降ダウ形成。下値抵抗線ブレイク後、ブレイクの起点を試しに行ったが15分EMAを抜くことは出来ず反落したところで、ショート。

GBP/JPY
GBPJPYM15.png

矢印1:下値水平線を下抜け&15分EMAにずっと跳ね返されている状態で、下降フラッグを形成。1時間15分EMA共に収束からの乖離開始のブレイクアウトなのでそれなりに勢いあり。(ここは実際にエントリ出来た
矢印2~3:15分足で上目線だが、1時間足で下目線なので、ロングするにしても1時間EMAタッチまでの限定トレード。
矢印4:1時間EMAタッチから反落、下値抵抗線と15分足EMA同時にブレイクでショート。
矢印5:成行で狙うのは無理だが、綺麗に下抜けしたところ。(英選挙の出口調査結果速報を受けて下落)
緑枠:選挙結果が徐々に判明していき、乱高下するが、結局緑枠レンジに収まった。上限下限逆張りで沢山取れるチャンス相場ではあった。

GBP/USD
GBPUSDM15.png

矢印1:上値抵抗線ブレイクでエントリ。条件がこれだけで、15分EMAの下に値があるので、ブレイクというより、抵抗線を横へ抜けただけ。実際ここでエントリはきつい。そのまま下行っても不思議では無い。
矢印2:多少高低差のある上値抵抗線ブレイクだが、抜け方が汚い。ブレイク後の15分EMA上抜けから入る方がまだいいが、その後はずっとレンジ。
矢印3:まぁ、無理なポイント。下値抵抗線は数日前から引ける。

今週の(も?)ポンドドルは非常にやり難い相場だった。

USD/JPY
USDJPYM15.png

矢印1:大きな下落後の凪状態の中で15分EMAと下値抵抗線をブレイクでショート。その後に抜けたところを試しにいったピンバーがあり、エントリするならそちらのほうが安全。
矢印2:徐々に高値を切り下げ、15分足EMAに上値を抑えられながら、下値水平線をブレイクしたところでエントリ。エントリはブレイクまでの長めの陰線確定で良いと思う。
矢印3~4:大きな下降の流れの戻り売りポイントです。
矢印5:安値を切り上げて、直近の下落は一服したところで、上値抵抗線と15分EMAを上にブレイクした。ここでロングエントリ。但し1時間EMAタッチまでが目標
矢印6:上値抵抗と1時間EMAをドンとブレイク。ここでロングするには、15分足では無く1分や5分足を見ていないと綺麗に入れない。高値掴みになってしまうでしょう。
矢印7:大きく下げてV字回復で上値抵抗線ブレイクしていったところでロング。少しもたついたので、また下へ下がる可能性も否めなかった。
矢印8:15分EMA上抜け&上値抵抗線ブレイクでロング
矢印9:5分EMAに支えられて上値抵抗線ブレイクでロング。

トレンドが終わって揉み合うところのラインブレイクはやり難い上に、騙されやすいと感じます。矢印の5や6は無視して、分かり易いところだけ狙いたい。