Entry基準:1時間25EMAと15分25EMA収束状態&抵抗線ブレイクまたは反発(順張り)、1時間25EMAから乖離した位置から戻しの流れが発生してからの押し安値(戻り高値)ライン反発(逆張り)
Exit基準:15分EMAを実体で抜き返すところ、ラウンドナンバー反発など。(Exitは永遠の課題)

EUR/GBP
EURGBPM15.png

この通貨ペアは波が出ても大きな値幅がなかなか出ないので正直狙いにくい…
現時点で取引対象としては全く見てませんが、監視だけはしています。

矢印1:上値抵抗ブレイクとEMA乖離開始の二つが重なったエントリポイント。勢いのあるブレイクアウトは見送って上値抵抗線を試しに行った押し目から。
矢印2:下値抵抗ブレイクとEMA下抜けから監視開始。最初の戻しで抵抗線上に抜けてしまってショート警戒。その後再度下落からの戻しで抵抗線を下回ったところから。
矢印3:矢印1と同じ形だが波の形が悪すぎて、この抵抗線も正直後付け感満載。取れても偶然と思ったほうがいい。
矢印4:安値切り上げと上値抵抗線抜けから次の足の押し目から。15分足だと陽線→陰線の紅白垂れ幕になって入り難いので5分足で。

EUR/JPY
EURJPYM15.png

4時間足以上だと、122.50の水平線に近づくMmパターンの下抜けブレイクを期待してましたが、上昇フラッグとなって上に行きました。
今回は下ブレイクのバイアスが強すぎて、上目線が全く持てませんでした。
!マークで示した青色ゾーンで何度もショート→建値(微益)を繰り返してしまいました。幸い直後の大陽線でショートを掴まされることは避けれましたが、過去に何度もやってしまった売り上がりナンピンショートの場面です。
少しは成長したもんだ。

矢印1:下値抵抗線ブレイクとEMA下抜けからの乖離開始から、抵抗線への試しとなった戻しから。
矢印2:上値抵抗線ブレイクからEMAに支えられながら抵抗線へ試すも下抜けなかったところから。下ヒゲ足が3本ほど続いてなかなか上へ抜けないのでストレスがたまる…
矢印3:強者の値に阻まれて反騰。大きめの上値抵抗線で止まりそうに見えて結局上抜けからの、抵抗線への試しから。

長時間足の抵抗線抜けは値幅も大きく取れるので、矢印3は取りたかった。下目線が強すぎて矢印3の抵抗線にぶつかって落ちるだろうと思い、ここでもショートを取ろうと考えていた。
目線の切り替えを素早くやる訓練が必要。

EUR/USD
EURUSDM15.png

環境はアップトレンドの天井圏の揉み合いと見える局面。乱高下が激しくなると事前に想定しておけると、変な動きに飛び乗らずに済むはず…

矢印1:下値抵抗線を一気にブレイク。戻しが無かったのでここを取るのは厳しい。
矢印2:安値更新する前の高値を結んだ上値抵抗線が引けるが、線に纏まりつくようにジワジワと上抜けた。押しも良く分からず、ここは取れない。実際に上抜けするかどうか監視していたが、分かりにく過ぎた。
矢印3:強烈なイッテコイから元の値に戻してから、EMA下をフラフラしつつ、下値抵抗線を抜けてから戻したところから。
矢印4:下抜けることなく、上に抜け始めた最初の押し目。条件的には入れるが、1時間EMAが上にあり、下げても不思議では無い。ここは完全に後付けです。

GBP/JPY
GBPJPYM15.png

矢印1:下値抵抗線下抜け&EMA収束状態からの乖離開始のあとの戻しから。鉄板パターン
矢印2:上値抵抗線抜けからの押し目。抵抗線への試しとなるほどの強い押しが無く、正直入るのはきつかった。(損切りラインが遠くなるため)
矢印3:無理矢理感満載…。EMAを抜こうと下へ押したが抜けきれず反騰。でも大した値幅は無かった。
矢印4:15分EMA下抜けと下値抵抗線ブレイク。2と同じく戻しが少なくて入り難い。
矢印5:矢印4と同じパターン。利確目標はすぐ下の安値ライン。
矢印6:急騰後の浅い押し目から。押し目と言ってもここから全戻しの下落も想定出来るので、ここで実際にロングするのはきつい。押しが浅いときはその次のブレイクアウトを狙うほうがいいのか?検証ネタになりそう。

GBP/USD
GBPUSDM15.png

矢印1:下値抵抗線ブレイク&EMA乖離開始からの戻しから。鉄板パターン
矢印2:上値抵抗ブレイクアウトからの押し目から。押しが浅すぎて正直入れない。押し戻しが浅い場合の次のブレイクアウトが狙えるかどうか要検証。
矢印3:今の実力では後付けでしか見れない動き。下値抵抗ブレイクとEMA乖離からの最初の戻しからショート。
矢印4:完全裁量の逆張りで実際にショートしたところ。急騰するも左側に見える高値ラインを抜けなかった事実から全戻し期待のショート。結局20ppで逃げてます。

USD/JPY
USDJPYM15.png

矢印1:下値抵抗線(黄色)下抜けるも戻しが大きすぎた。結局上のレジスタンスが効いて下へ抜けて行った。自分の目にはやや複雑な動きをしていたと見えた。ちなみに赤線は間違ったトレンドライン。下値抵抗は起点と次の高値の前にある押し安値を結ばないといけない。
矢印2:15分EMAを上に抜け初めて最初に引ける上値抵抗線を抜けたところ。押し目として入り易いところ。
矢印3:上値抵抗線ヲプチブレイクして、1時間と15分EMA両方に支えられたところから。鉄板パターン。といいつつ、実際は下目線になっていた。修行不足。