Entry基準:1時間25EMAと15分25EMA収束状態&抵抗線ブレイクまたは反発(順張り)、1時間25EMAから乖離した位置から戻しの流れが発生してからの押し安値(戻り高値)ライン反発(逆張り)
Exit基準:15分EMAを実体で抜き返すところ、ラウンドナンバー反発など。(Exitは永遠の課題)

EUR/GBP
EURGBPM15.png

矢印1:上値抵抗をティーズブレイクして下に戻したところで、上抜けからの押し目を待つポイントだったが、一気に下抜けた。短期では下値抵抗線が引けなかったので、このブレイクは狙い難い。
矢印2:下値抵抗線を下抜けるもすぐに大きく上に反騰。目線は下になっていたので、この急騰も狙い難い。
矢印3:安値を切り上げて上値抵抗線を抜けた後、わずかだけど、押しが入ったところでロング。その後の急落は5分足以下のチャートなら戻り売り出来たか?

今週のユーロポンドは、綺麗なラインが引けず、動きが非常に読み難い展開だった。

EUR/JPY
EURJPYM15.png

矢印1:安値切り上げながら、上値抵抗線を上抜けたところからの押し目からロング
矢印2:下値抵抗線を下抜けてからの戻り待ちからの上ヒゲ陰線が長すぎた。15分足でショートは厳しい局面。
矢印3:長い陰線に対する戻り。1時間と15分足EMAがクロスかつEMAにタッチして落ちたところからショート。ここは比較的狙いやすい。
矢印4:上値抵抗線をブレイク後、戻りがきつく、抵抗線内に戻したが再度ブレイクしてからの押し目陽線からロング。こういったブレイクしたがブレイク前のトレンドに戻すパターンは目線がぶれやすく、往復ビンタを食らいやすい。
矢印5:ネックラインを下抜いて戻した後の上ヒゲ陰線の次からショート。ここは水平線だけで取れる綺麗なところ。
矢印6:揉み合った後のブレイク待ち。上値抵抗線を抜けて押し目となる10時の足からロング。すぐ上にレジスタンスが色々控えているので中々ホールドしにくい。

EUR/USD
EURUSDM15.png

矢印1:EMA下側へ抜けて水平線がサポレジ転換した後からショート。とはいえ高値切り上げ安値切り下げの形なので、上へ跳ねあがるリスクも高いところだと思う。
矢印2:安値切り上げながら、上値抵抗線を抜けた。その後の戻しは抵抗線内に戻らず、下ヒゲの長い陽線を付けた次からロング。綺麗なパターン。
矢印3:正直厳しい動きだが、15分EMAに何度も頭を押さえられているところの頂点からショート。損切りがタイトに置ける。安全に行くなら2時の足から。
矢印4:安値切り上げながら上値抵抗線を抜けた。押し目がほとんどなく、押し目待ちをしていると行ってしまうパターン。狙うなら、下ヒゲが出た陰線の次の陽線の後からロング。

GBP/JPY
GBPJPYM15.png

矢印1:上昇の流れの中で、上値抵抗線をそれぞれ抜けたあとの押し目から。とはいえ、19日の昼の動きは酷すぎた。上抜けたと思ったあとの急落は損切りを多く巻き込んだと思われる。
矢印2:急落後の戻しがほぼ無く、短期で引ける下値抵抗線を抜けた後から。ショートのタイミングは5分足以下で測る。
矢印3:15分EMAにずっと上値を押さえられて、初めてEMAを上抜いた後、ネックラインで反発したところからロング。角度が急なので戻り売り勢力に負ける可能性も高い局面だったが、ベア派の損切りを多く巻き込んだ。
矢印4:三角保ち合いから下抜け。15分足では戻しが無いので、リスクの高いショートポイントだった。当然押し目買いも多かったと思う。
矢印5:4時間足で21日と22日にWボトムを作り、22日の1時間足でWボトムを作った後の短期上値抵抗線抜けからロング。後から見ればもっと早くからロング入れるが、条件的に厳しい。

GBP/USD
GBPUSDM15.png

矢印1:下値抵抗線に支えられながら、上値抵抗線を抜けた後の押し目から。
矢印2:下値抵抗線抜けからの戻しから。5分足で見ていれば、もう一つ上の高値切り下げから入れたかも。EMAから乖離開始が既に始まっているところなので、やや遅いショートポイント。
矢印3:下値抵抗抜けかつ2つのEMAから乖離開始という絶好のエントリポイントだが・・・。急落過ぎて戻しが無いので16時に入るのは厳しい。戻しがほぼ無いが、1.2700のキリ番を抜けなかった戻り目からショート。
矢印4:緩やかな下値抵抗線を抜けて戻したところから。このくらいゆっくりだと狙いやすい。
矢印5:無理矢理感漂うロングポイント。動きが変すぎて手を出そうと思えないが、手法的にはロング狙える…

USD/JPY
USDJPYM15.png

矢印1:上値抵抗抜けの押し目から。とはいえ、押しとなった長めの下ヒゲの陽線の後すぐ111.00へ向かう陰線となっていたし、すぐ左に見える高値すら抜けていないので、ここは入れない…
矢印2:高値切り下げつつ、下値抵抗線を抜けたあとの戻しから。しかし値がほとんど動かず、長く持ってると苦痛なポジション。安値が切り上げているように見えるところでもある。
矢印3:高安値切り下げから戻り売りが出来るところ。ここは実際にショートエントリしており、111.40前後からショートを数回繰り返していた。値が伸びたと思ったらすぐに戻す動きでイライラしていた。
矢印4:高値切り下げから下値抵抗線を抜けたところからショート。しかし111.00にタッチも出来ず、その後反騰。上からショートもっていない限り、ここで新規エントリはきついか。
矢印5:上値抵抗抜けから15分EMAを上に抜けたところからロング条件となる押し目待ちとなるが、大した押し目が無く上がっていった。条件が揃ったら押し戻しを測るのはもっと短い足がいいのか?
矢印6:EMA乖離開始と下値抵抗線抜けからショート。あまり綺麗なパターンではないが…
矢印7:Wボトムを作ってから安値切り上げ&15分EMA上抜けから下ヒゲの長い陽線を作って短期上値抵抗線を抜けたところからロング。ここは実際に狙ってエントリした。

総じてボラティリティが低い、非常にやりづらい週だった。



為替・FX ブログランキングへ
よろしければランキングをクリックしてくださいませ。