Entry基準:1時間25EMAと15分25EMA収束状態&抵抗線ブレイクまたは反発(順張り)、1時間25EMAから乖離した位置から戻しの流れが発生してからの押し安値(戻り高値)ライン反発(逆張り)
Exit基準:15分EMAを実体で抜き返すところ、ラウンドナンバー反発など。(Exitは永遠の課題)

EUR/GBP
EURGBPM15.png

矢印1:上値抵抗を勢いよくブレイク。勢いが強く、押しが浅いときは、直近高値への試しを待たずに短期足の軽い押し目から入りたいが、こういうパターンは経験と訓練が必要だと思う。
矢印2:下値抵抗を下抜いて上を試すが抵抗の上には回帰できず安値抜けから。これも訓練が必要なエントリポイント。ここを待って次の浅い戻り目は入り易い。

EUR/JPY
EURJPYM15.png

矢印1:水平線を上にブレイクしてからの戻しから。ブレイク前の15時あたりに上値抵抗が引けるので、もう少し早くロングで入ることは出来そう。
矢印2:上値抵抗線のブレイクアウトから。水平線で綺麗に止められて上に飛んだという事実だけでロング出来そうな良いポイント。
矢印3:2と同じような状況。上値抵抗ブレイクから戻してきたが15分25EMA下抜けずのところから。大きな視点で見ていれば、長い下ヒゲ陰線以降の1時間EMAに支えられたところから。
矢印4:下値抵抗を抜けて15分EMAからの乖離を狙ったショート。流れはロングなので逆張りということを念頭に。
矢印5:上値抵抗抜け後の戻しから。15分EMAと1時間EMAもGCしていてスイング目線でロング出来そうなところ。来週も上昇か?

EUR/USD
EURUSDM15.png

矢印1:今週のユーロドルはこのブレイクアウトのみと言っていいくらい、他に綺麗な形のエントリポイントが無い。ブレイクアウト前の下値抵抗線に支えられてEMAを上に走ったところでお試しロングを仕込めそうだが…。ブレイクアウト前の形だと下値抵抗線を下抜け期待で見ていたはず。常にロングショートどちらの目線も捨てずに見ないといけない。

GBP/JPY
GBPJPYM15.png

矢印1:上値抵抗抜け&EMA乖離開始でエントリするパターンが綺麗に出たところ。下ヒゲ2本のWボトムも良い。
矢印2:ティーズブレイクを伴った上値抵抗抜けからスパイクした。安値切下げもあるので下目線でもあった。15時当たりで上ヒゲの足が連続しており、ブルが諦めてベアが一気に攻めたがブルは1時間EMA抜けすら許さず押し目買いが入った。その後ティーズブレイクでブル頑張るもベアの最後の抵抗で押したが、押しきれず。結局大きな流れには勝てなかった。
矢印3:長めの上値抵抗線が引けているところで、理想的にはブレイクアウトのあと、少し押しが欲しかったが浅い押しになって上昇した。今週はこういうパターンが多かった。

GBP/USD
GBPUSDM15.png

矢印1:上値抵抗線抜け&EMA乖離開始からロングのパターン。18時の押しでロングで入っていたら押し目で逃げることになるか?損切りラインが難しいところ。抜けた値を試しにいくことは想定しておかないといけないので、損切りは15時あたりの安値が妥当か?
矢印2:水平線ブレイクアウトからの押し目でロング

USD/JPY
USDJPYM15.png

矢印1:水平線上抜け&EMA乖離開始。押しが浅く、少し入り難いか。
矢印2:水平線がレジサポ転換となってWボトムを作ったところ。Wの右側からロング。
矢印3:上値抵抗抜け&EMA乖離開始からの押し目でロング
矢印4:三尊を作ってネックラインを抜けてからの戻りからショート。流れはロングなので大きく狙いにくいか。
矢印5:形的には大きめの逆三尊ネックラインを上抜けて小さなWを作ったところ&EMA乖離始めというお手本的なパターンだが、金曜夜の調整売りという考えが抜けきらないところだった。