Entry基準:1時間25EMAと15分25EMA収束状態&抵抗線ブレイクまたは反発(順張り)、1時間25EMAから乖離した位置から戻しの流れが発生してからの押し安値(戻り高値)ライン反発(逆張り)
Exit基準:15分EMAを実体で抜き返すところ、ラウンドナンバー反発など。(Exitは永遠の課題)

EUR/JPY
EURJPY.oj5kM15.png

矢印1:上値抵抗抜け&長い下ヒゲ足の後、15分EMA支えられたところから。下値抵抗線も効いている。
矢印2:少し長い時間軸の下値抵抗線抜けの後のリターンムーブ&15分と1時間EMAデッドクロス+下抜け。S条件のほぼ全てが揃ったところ。
矢印3:矢印1と同じポイント。1時間EMAが上にあるので長くは持てない。
矢印4:矢印2と同じパターン。ただかなり下落した後なので反発上昇も考えられるところ。
矢印5:下値抵抗線抜けの後、揉み合いの時間がややあって、赤線の戻り高値ラインに反発して15分EMAを下回ったところからS。下値抵抗線抜け直後は15分EMAの上に値があるため、直にSは出来ない。

EUR/USD
EURUSD.oj5kWeekly.png

矢印1:下値抵抗線抜け&EMA2種下抜けから。戻しが曖昧で、直にSするしかなかったので実際に入るのは厳しい。
矢印2:上値抵抗抜け後のサポレジ転換で15分EMAを上抜けしたところからL。その後大きく上げるも建値付近まで2回戻して更に大きく上昇していった。こういう局面でLホールド出来るか否かが大事なところ。上値抵抗線がかなり長期間効いているので、上昇の値幅が大きいことを想定したい。
矢印3:急騰後の下値抵抗線抜け&15分EMA下抜け。戻しがほぼ無いので直にSするしかなく、今の手法では入るのは無理。その後22時に大きく戻して更に下へいった。
矢印4:上値抵抗線抜け&15分EMA上抜けから。1.1400で下ヒゲ足を出して反発している事実がLを後押しした。
矢印5:下値抵抗線抜け&EMA下抜け。3と同じく、戻しが無いので、直にSするしかなかったので、実際には入れていない。
矢印6:やや長い時間効いた上値抵抗線抜け&EMA2種ゴールデンクロスかつ上抜け。ブレイクアウトだったので入るのは厳しかったと思う。リアルでは既に手仕舞いしていて見ていなかった。

GBP/JPY
GBPJPY.oj5kM15.png

矢印1:短期上値抵抗線抜けからL。15分EMAは既に上抜けているところからなので、時間切り替わりの節目狙いで入れなくも無い。が、やはり押しは欲しい。
矢印2:1とほぼ同じパターン。
矢印3:下値抵抗を一気に下抜けて戻したが1時間EMAを上抜けなかったところから。急落に対して戻りが浅いので、もう一段下落が期待出来る。そして実際に下落。3段落ちしたが。
矢印4:3と同じパターン。追撃Sのポイント
矢印5:大きな下落の後の揉み合いで、Wの右側の更に小さなWの右側からL。
矢印6:上値抵抗線抜け&15分EMAに支えられたところからL

GBP/USD
GBPUSD.oj5kM15.png

矢印1:下値抵抗線抜け&15分EMAに抑えられたところからS
矢印2:長めの下値抵抗線抜けからのCUPを描いて戻したが1時間EMA抜けならずのところからS。1とほぼ同じ
矢印3:角度の緩い上値抵抗線抜け&15分EMA上抜けからL。
矢印4:3の逆パターン。(TLの引き方が間違ってるな…)
矢印5:EMAに支えられながら上値抵抗抜け。このパターンは実体で抵抗線を抜けた次の足から直に入れる。(ボルマン式のエントリ)
矢印6:15分EMAに支えられながらレジスタンスとなっている水平線ブレイクによって下値抵抗線の位置が変わってからの押し目からL

USD/JPY
USDJPY.oj5kM15.png

矢印1:上値抵抗線抜けから15分と1時間EMAに支えられてネックラインがサポートに変わったところからL
矢印2:長めの下値抵抗線ブレイクアウトの後、ネックライン下抜けからの戻り売り。長めのTLをブレイクしたポイントは値幅も大きく狙える
矢印3:2のパターンとほぼ同じ。追撃S
矢印4:下値抵抗線抜けから113.50を抜き返すことなく、15分EMAを抜けたところからS
矢印5:15分EMAを抜けずに抑えられたところから追撃S


為替・FX ブログランキングへ
よろしければランキングをクリックしてくださいませ。
あなたのクリックが、ブログ更新のモチベーションに繋がります!