半自動でトレンドラインを調整するインジケータを作りましたので公開します。


機能
特定の接頭語で名前付けられたトレンドライン全てに対して、以下のルールに従って自動調整します。
下値抵抗の場合
起点から次の点までの間にある最高値の足より以前にある二つの安値を結んだトレンドラインに調整します。
以下の例のように、手動で青のラインを引くと、起点から青矢印までの間にある最高値の赤チェックマークを探し、赤チェックマークより前にある二つの安値を探し、二つの安値間のラインと足が交わることが無い、赤のラインになるように自動調整されます。
oj5kM1

上値抵抗線の場合
起点から次の点までの間にある最安値の足より以前にある二つの高値を結んだトレンドラインに調整します。
以下の例のように、手動で青のラインを引くと、起点から青矢印までの間にある最安値の赤チェックマークを探し、赤チェックマークより前にある二つの高値を探し、二つの高値間のラインと足が交わることが無い、赤のラインになるように自動調整されます。

oj5kM1

パラメータ
自動調整の対象となるトレンドラインは下図の接頭語が名前についているものになります。
AutoTLProp
  • 手動でライン移動後に自動調整するトレンドラインの接頭語
    起点からドロップした点までの間で高安値を判断して自動でトレンドラインを調整するようになるオブジェクトの接頭語です。デフォルトは"A"です。
    ※以前は"ATL"でした
  • 足確定ごとにライン延長と自動調整するトレンドラインの接頭語
    高安値更新が発生したらラインの自動調整をするトレンドラインとしたいオブジェクトの接頭語です。デフォルトは"B"です。
  • 最新足から更に延長する足数
    最新の足から更に右へライン延長する足数です。オブジェクトの"ラインを延長する"にチェックを入れていない場合に、お好みの数を設定してください。デフォルトは"5"です。
  • ライン位置調整の基準となる高安値に到達で延長を一時停止する
    トレンドラインの右側が高安値更新となった足の高値または安値に到達したら、トレンドラインの自動調整を一時停止します。デフォルトは"true"です。
以下の例のように、トレンドラインの名前の先頭にパラメータで指定した値を追加してください。
最初から全てのラインを自動調整したい場合は、このパラメータをトレンドラインのデフォルトである、"Trendline"にしておくといちいち名前を変更する作業が省けます。

無題

ライン調整の仕方
トレンドラインを初めて引いたときや、トレンドラインの名前を調整対象となるように変更したときは、自動でライン調整されます。
再度自動調整したいときは、下図の赤矢印にある、2点目の頂点を移動してください。
移動先の点に合わせて自動で最高安値となる足を検索し、ラインを引き直してくれます。

oj5kM1

トレンドラインのパラメータにある、"ラインを延長"にチェックが無い場合は、調整した2点目と起点を結んだラインになるように調整され、2点目は最高安値以前の頂点とはなりません。
つまり下図のように、青ラインを手動で引いたとすると、手を放した時間軸から起点間で赤矢印が起点の次の頂点となるように2点目が調整されます。

oj5kM1


また、起点の価格より2点目の価格が高い場合は下値抵抗線、その逆の起点の価格より2点目の価格が低い場合は上値抵抗線として判別するようになっています。

ラインが自動更新する様子

    更新履歴
    • Ver 1.01
      トレンドラインの自動調整に対応。高安値更新でラインの位置を更新します。

    未対応項目
    • 起点の移動による自動調整は出来ません。2点目の調整がトリガーとなって自動調整されます。
    • 自動でライン更新したときに、更新前のラインをログとして灰色点線などに変更して残しておく機能を追加したい。

    不具合やご要望などございましたら、ブログにコメントを残していただくか、ツイッターで連絡をください。
    可能な限り対応したいと思います。


    為替・FX ブログランキングへ
    よろしければランキングをクリックしてくださいませ。
    あなたのクリックが、ブログ更新のモチベーションに繋がります!