Entry基準:1時間25EMAと15分25EMA収束状態&抵抗線ブレイクまたは反発(順張り)、1時間25EMAから乖離した位置から戻しの流れが発生してからの押し安値(戻り高値)ライン反発(逆張り)
Exit基準:15分EMAを実体で抜き返すところ、ラウンドナンバー反発など。(Exitは永遠の課題)

EUR/JPY
EURJPY.oj5kM15.png

矢印1:上値抵抗線を抜いたり戻したり不安定な動きを繰り返しながら結局上抜けたところ。波形が汚すぎてロングはまず無理。こういうところで都合のいい解釈つけてエントリしない。
矢印2:下値抵抗線は短期でも綺麗に引けない波形で15分EMAに抑えられながら1時間EMAも抜けたところ。ショートポイントだが、1と同じく波形が汚い。
矢印3:下値抵抗線が引けて、抵抗線抜けからの戻り売り。しかしトレンドラインの二点間が狭すぎてこのラインは正直賞味期限切れ。
矢印4:矢印3と同じ。上値抵抗線を抜けて戻し、大きくブレイクアウトでロング。と言いたいところだが、波形汚い。

今週のユーロ円はまともにエントリ出来るところが無かった。

EUR/USD
EURUSD.oj5kM15.png

矢印1~3:全て同じ根拠によるロングエントリポイント。上値抵抗線を上抜けてからの15分EMAに支えられた次の足から。
ユーロドルはこのところずっと上昇トレンドが続いていて、ロングしていれば勝てる相場となっている。今週の上げで、超長期レンジの上辺に到達しており、来週は更なるブレイクアウトとなるか、レンジ内に戻すか注目したい。

GBP/JPY
GBPJPY.oj5kM15.png

矢印1:先週からの下値抵抗線を垂直にブレイクアウト。こういうパターンは戻しが少ないことが多い。ブレイクアウトで乗るか一旦止まったところの揉み合い上辺から乗る。
矢印2:下値抵抗線を抜けて、短期足での戻しからショートか、15分足の戻りを待ってからショート。短期足でショートした場合、エントリした時間軸のEMAへ戻すことは想定しておくべき。(戻さないときももちろんある)
矢印3:矢印2と同じ根拠のショート。

GBP/USD
GBPUSD.oj5kM15.png

矢印1:上値抵抗線を上抜け、15分EMAに支えられて上がった10時の足からロング。目標は上値抵抗の起点まで。放置すると死亡する最悪なパターン。
矢印2:ここの長めの上値抵抗線は、15時~16時の下へのブレイクアウトで安値更新したことによって引き直されたもの。トレンドライン更新後、15分EMAへの戻しを待ってショート。

長めの上値抵抗線がロールリバーサルして上昇の兆しを見せている。来週、1.30200の押し安値を抜けば、上昇の流れが再開するかもしれない。
逆に1.29300の安値を更新すると、この上値抵抗線はキャンセルされて引き直しになるので、更に下落となる可能性あり。
来週のポンドドルは、1.29300~1.30200をレンジと見て、どちらかを抜けるまではトレンドフォローは避けておきたい。

USD/JPY
USDJPY.oj5kM15.png

矢印1:先週から引ける下値抵抗線を抜けてショート。戻しが無いパターン。ここは下抜ける前から15分EMAに頭を抑えられていたので、抵抗線に触れ始めた足からショートを持つ。損切りは確定足の高値と出来るので、反発して上昇してもダメージは少ない。
矢印2:矢印1と似たパターン。こちらは戻しがあったが、短期ショート勢を振り落とす動きだった。上からショートを持っていないと厳しいところ。
矢印3:短期上値抵抗線を抜けて15分と1時間EMAに支えられたところから。中期で引ける上値抵抗線も抜けたので、中期上昇トレンドの始まりを期待していたが、結局安値更新となった。
矢印4:下値抵抗線ブレイクアウト。ブレイクアウト前に既に15分EMAを下回っていたので、矢印3のロング根拠は崩れたと見るのが正解だった。(スイングでロングポジション構築していたが、大きなロスカットとなった
矢印5:15分1時間EMAに上値を抑えられ始めて、下値抵抗線抜けでショート。ここは実際にショートしたが、111.70あたりで利確してしまっていた。第一目標はもちろん111.50としていたが、握り切れていない。この握力の無さを何とかしないと今後安定した勝ちは見込めない。


為替・FX ブログランキングへ
よろしければランキングをクリックしてくださいませ。
あなたのクリックが、ブログ更新のモチベーションに繋がります!