★本日の各通貨ペアの戦略

EUR/JPY
EURJPY.oj5kM15.png

129.75を境に楽観エリアを分けています。
現時点で15分EMAの下側に多くの足があり、短期はショート優勢となっています。緑の水平線を明確に抜けるまでは戻り売り戦略が有効。
安値切り上げのWボトム形成とも見れるので、ショート楽観エリアとは言え、押し目買いの勢力が入ってくることも十分に考えられます。
楽観エリアを分ける水平線は、Wボトムネックラインにもなっており、ここを抜けずに高値切り下げとなれば、戻り売り。
抜けていくようなら抜けてからの押し目を買っていく。
4時間足以上でMトップの二番天井とも取れるため、下げの圧力がやや強まるかもしれない。

EUR/USD
EURUSD.oj5kM15.png

中期上昇トレンドが続き、超長期レンジの天井を抜けそうになっています。
15分足で揉み合ったゾーンの真ん中あたりで楽観エリアを分けています。現時点では押し目買い戦略を第一に考えておく。
ショート楽観エリアに入ってくれば、戻り売りの機会をうかがっていきます。

GBP/JPY
GBPJPY.oj5kM15.png

現在の下落の最後の押し安値の水平線を境に楽観エリアを分けます。
現時点ではショート楽観エリアにあるため、戻り売り戦略を第一に様子見。
楽観エリア境の水平線まで戻すところまで想定しつつ、高値切り下げが起これば、戻り売りを狙う。
戻しが強く、ロング楽観エリアへ抜けるなら、押し目買いに切り替え。ただし、145.30近辺で上昇は止められるかもしれないので、ロングする場合は短期で少しずつもらいながらにしておきたい。

GBP/USD
GBPUSD.oj5kM15.png

1.2990辺りを境に楽観エリアを分けます。
現時点では、押し目買いが有効と判断するが、直近高値はその前の高値を抜いておらず、三角保ち合いでレンジになる可能性が高そう。
安全にいくなら、黄色枠のレンジを抜けるまでは手を出さないようにしたい。

USD/JPY
USDJPY.oj5kM15.png

111.50の水平線で楽観エリアを分けます。
現時点はかなりショート優勢の流れです。戻り売りがメインとなり、111.50近くまでの戻しを待ってからショートを第一戦略としたい。
ただ、メジャーな上値抵抗線がすぐ上にあるので、ロング楽観エリアとはいえ、レジスタンスされて落ちるケースも想定し、ロングは短期で一旦手仕舞いとするつもりで。
ショートの戦略は、ショート楽観エリア内の戻り売り、またはメジャーな上値抵抗線からの反落を売っていく形で。



為替・FX ブログランキングへ
よろしければランキングをクリックしてくださいませ。
あなたのクリックが、ブログ更新のモチベーションに繋がります!