トレンドの種類

「トレンド」という言葉は流行りのキーワードや流行などと、日常で色々と使われますが、投資の世界では、値動きの傾向という意味で使われています。

相場のトレンドは3つしかありません。
  1. 横(レンジ、揉み合い)
    横トレンド
    高値の切り上げも、安値の切り下げも無い相場です。
    大体は上下の値幅が小さくなり、最後に上か下かどちらかにブレイクアウトしていきます。

  2. 上(上昇、安値を切り上げながら高値更新していく)
    上トレンド
    直近の高値と安値を切り上げて上昇していきます。
    高値の更新が止まるまでは上昇が続きます。
    高値更新が止まったら、レンジになるか下げに転じるかのどちらかです。

  3. 下(下降、高値を切り下げながら安値更新していく)
    下トレンド
    直近の高値と安値を切り下げて下降していきます。
    安値の更新が止まるまでは下降が続きます。
    安値更新が止まったら、レンジになるか上げに転じるかのどちらかです。
トレンドは上記3つのパターンのいずれかに当てはまります。

上昇下降トレンドの終わり

上昇または下降トレンドが終わった後は、レンジになるかまたは逆のトレンドになると書きましたが、これは、時間の調整または価格の調整のいずれかになることを意味しています。

  • 時間調整
    それまでの価格帯を抜けて上昇または下降が続いた後、値幅がさほど動かず、上昇あるいは下降が止まった位置でレンジが続くパターンです。
    レンジがいつまで続くかというのは様々なケースがあるので、正解はありません。
    私は一つの基準として移動平均線まで値が戻すまでを目安としています。

    時間調整

    この図のように、下落トレンドが一旦止まると、横トレンド(レンジ)が続き、このレンジを抜けると再びトレンドが開始しています。
    レンジ終了の目安の一つといった移動平均線まで値が戻すというのは、一度トレンドが出始めて流れが出来ると、移動平均線から乖離します。その後レンジを形成すると、乖離していた値は移動平均線に戻してきます。
    この図ではレンジが続いて、赤矢印のところで値が移動平均線に戻ってきました。
    その後再び大きく値が動き始めました。
    このレンジの動きを時間の調整と言います。
  • 価格調整
    上昇または下降が止まった位置から、トレンドの起点に向かって逆に動き出すパターンです。
    これは急騰急落時によくある値動きですが、もちろん長期的な視点での価格調整もあります。

    価格調整

    この図のように上昇トレンドが一旦止まった頂点からすぐに下降トレンドが始まる値動きで、間にレンジとなる期間がありません。
    価格調整となる判断も難しいですが、時間調整のときのように、トレンドで乖離していた移動平均線にタッチするまでという一つの目安を無視して一気に逆に抜き去ってくると、価格調整を疑うと良いかもしれません。
相場サイクル

ここまで書くと勘の良い方はお気づきかも知れませんが、相場は次のサイクルで動いています。

ホーム→お出掛け→帰路→ホーム
MarketCycle

こんな感じです。
移動平均線に纏わりついている間はレンジ区間で、家で旅支度をしている段階。外出する準備をしています。
そして移動平均線から乖離を始めるところをお出掛け区間。
移動平均線に戻し始める区間(この図では時間調整の区間)が帰宅する区間。
最後に家に帰ってきて、次の旅支度をします。

順張りは外出し始めたポイントでエントリ、逆張りは帰路につくところでエントリすることになりますね。



為替・FX ブログランキングへ
よろしければランキングをクリックしてくださいませ。
あなたのクリックが、ブログ更新のモチベーションに繋がります!