Entry基準:1時間25EMAと15分25EMA収束状態&抵抗線ブレイクまたは反発(順張り)、1時間25EMAから乖離した位置から戻しの流れが発生してからの押し安値(戻り高値)ライン反発(逆張り)
Exit基準:15分EMAを実体で抜き返すところ、ラウンドナンバー反発など。(Exitは永遠の課題)

EUR/JPY
EURJPY.oj5kM15.png

矢印1:先週から引ける上値抵抗線。ブレイクしたものの、15分EMAから少し離れている。そのせいか、ブレイク後は横へのレンジが続いた
矢印2:押し目を付けてからの上値抵抗線ブレイクアウト。ほぼ垂直に抜いているので押し目待ちは無し。この押し目を待つか待たないかの見極めが難しいが基本的に、垂直に抜けた場合はそのままついていき、横へ抜けた場合は押し目を待つ。
矢印3:ヒゲの多い足が連発し、途中ティーズブレイクが何度もあった。1時間EMAの上に値があることが多く、上へ抜ける確率は高い場面だが無理してロングしないほうが吉。
矢印4:長い下値支持線をブレイクアウトしてからの戻り売り。物凄く綺麗に形作っている。
矢印5:15分EMAを上へ抜けながら、下値支持線ブレイクアウトでロング。その後の押し目からがベターな局面。ただ1時間EMAが上にあるので見送ってもいいところ。

EUR/USD
EURUSD.oj5kM15.png

矢印1:15分EMAに支えられながら、上値抵抗線をブレイクアウト。典型的なロングパターンの一つ
矢印2:ちょっと角度のきつい上値抵抗線をブレイクアウトからのロング。15分EMAにも支えられてロング条件はそろっているが、EMAの角度が気に入らない。
矢印3:ということで2は見送って一度戻してきたところで、安値を抜けずに上値抵抗線は下値支持線にロールリバーサルし、Wを作る様子を見せてきたのでロング。ここは実際にエントリしてストップを1.1620辺りに置いて就寝。
矢印4:確度のきつい上値抵抗線を抜けたが戻してきた。矢印3と同じパターン。ここはライントレードという高安値切り上げのダウ理論に従ってエントリ。なんだけど厳しいところだな~

GBP/JPY
GBPJPY.oj5kM15.png

矢印1:上値抵抗線ブレイクアウトだけ。15分EMAの上に値があるのでショートは出来ない。抜けたけど、結果論。
矢印2:15分EMA1時間EMAを上抜けてかつ上値抵抗線もブレイクアウト。ロングが伸びる条件が揃ったポイント。
矢印3:上値抵抗線を何度もティーズブレイクし、上へ抜けたそうな形。何度も抜けては戻しているのでリアルタイムではダマされることが多いかと思うが、こういう場面では、長時間EMA(ここでは1時間EMA)に引き付けてポジションを取れば損切りも小さく慌てることは少なくなる・・・と思う。
矢印4:ここは正直ロング無理。上値抵抗を抜けているがEMAは全部上。唯一下値支持線が下にあるという事実だけが支え。
矢印5:下値支持線をブレイクアウト。それだけ。EMAはとっくに下抜けているのでエントリポイントにはならない。

GBP/USD
GBPUSD.oj5kM15.png

矢印1:EMAに支えられて上値抵抗をブレイクアウト。垂直に抜けたので、そのまま追従ロングのパターン。
矢印2:矢印1と同じケースだが、一度ティーズブレイクして抵抗線の下に戻してきている。が安値を更新することも無かったので、ティーズブレイクした高値へのトライはあると見れる。上値抵抗を抜けて15分EMAを実体で抜けたところからロング。
矢印3:15分EMAに抑えられ始めて、下値支持線をブレイクアウトしたところからショート。相当落ちたのでおいしいポイントだった。急な角度のトレンドラインを垂直に抜けたので、戻しは待たないほうがいい。

USD/JPY
USDJPY.oj5kM15.png

矢印1:下値支持線と15分EMAを同時にブレイクアウト。逆指値でも入れてない限り成行エントリは厳しいが、こういうところを無理して取らなくてもいい。
矢印2:メジャーな上値抵抗にすら届かず、下値支持線をブレイクアウトして15分EMAも抜けたところからショート。
矢印3:条件的には上値抵抗抜け15分EMA抜けなのでロングできるところ。ただ、目標がメジャーな上値抵抗線までで、そこまで届くかも怪しい雰囲気なのでロングは勇気がいるところ。結果伸びたが…
矢印4:相当上昇してからのロングポイント。まぁ恐る恐るロングするところでしょうか。
矢印5:メジャー上値抵抗線がロールリバーサルして下値支持線になったところからのリターンムーブでロングエントリ。(横文字使いたかっただけ)
矢印6:下値支持線をEMAを一気にブレイクアウト。見てないとついていけないかな。見てても怖い。ということでその後に来た1時間EMAに纏わりつくMトップも右側からショートが一番安定する。
矢印7:少し急な下値支持線をブレイクアウト、15分と1時間EMAがほぼ同じ値を付けているところから下抜けたので伸びそうな条件が揃っている。実際にエントリしていたが、安値更新したところで逃げてしまった。その後はどんどん下へ…


為替・FX ブログランキングへ
よろしければランキングをクリックしてくださいませ。
あなたのクリックが、ブログ更新のモチベーションに繋がります!