Entry基準:1時間25EMAと15分25EMA収束状態&抵抗線ブレイクまたは反発(順張り)、1時間25EMAから乖離した位置から戻しの流れが発生してからの押し安値(戻り高値)ライン反発(逆張り)
Exit基準:15分EMAを実体で抜き返すところ、ラウンドナンバー反発など。(Exitは永遠の課題)

※一部リアルな取引結果も混ぜてありますが、自分の手法でエントリするならどこで?ということを主点に記載しております。全てがリアルな取引結果ではありません。

EUR/JPY
EURJPY.oj5kM15.png

矢印1:上値抵抗線を抜けて揉み合っているが、結局15分EMAに支えられ続けた。15分以下のチャートでLタイミングを計って入れるところか。
矢印2:15分EMAに支えられて出た陽線でL。押し目買いの位置。他に基準が無いのでなかなか勇気のいるエントリポイント
矢印3:下値支持線を抜けて、最後の押し安値に引いた赤線を抜けたところからショート。一度大きく戻されているが損切りラインを一つ前の足の高値にしていれば助かった…?この戻しはきっつい。
矢印5:長期で引ける水平線を抜けてからの押し目買い

四角4:1時間、15分EMA共にほぼ平行に動いている厳しいレンジ。手を出すべからず。
丸6:メジャーな上値抵抗線を大きく抜いて更に短期のチャネル上限ラインも抜けた。一旦は押すと思うが、来週は買い場になるのかも。


EUR/USD
EURUSD.oj5kM15.png

矢印1:上値抵抗線と15分1時間EMAを同時抜けした陽線の次から。3点同時は結構強力。
矢印2:高値レンジ圏かで押し安値(ラインは正確にはもう一つ上かな)に引いたところを一度抜けて戻しました(ティーズブレイク)。抜ける予兆を見せておいてからの落下から戻したところからS。戻してくるのはみんなが狙うであろうポイントのショートを振るい落とす大口さんの仕掛けでしょうか?
矢印3:長期足で引ける上値抵抗線を抜けて押したところからロング。既にEMAの上にあるので押し目としてはいいところだったかな。

GBP/JPY
GBPJPY.oj5kM15.png

矢印1:15分1時間EMAを下抜いて下値抵抗線抜け待ちから次の足で抜けたところからショート。抜け方の勢いが大きいので戻りはあまり期待できない。
矢印2:角度の高い下値支持線を一気に抜けたので、そのタイミングでショートもありだが安全にいくなら、最後の押し安値になった水平線までの戻りを待ちたいところ。何度も水平線まで戻してるので、どこでショートするかが悩みどころ。判断基準の一つとしては1時間EMAが下向きに変わるところでしょうか。あとはオシレーター系の何かを見る。
矢印3:上値抵抗線をすでに大きく抜けており、ブレイクアウト狙いの逆指値ロング以外で入るのは厳しい。あるいは、下値切り上げのWボトムとなった次の陽線でロングするという天性の感覚くらいでしょうかw 真面目に考えると、15分1時間EMA両方を抜いてからの押し目となる矢印3のところからロング。

GBP/USD
GBPUSD.oj5kM15.png

矢印1:Mトップとなるネックライン抜けからの戻り売り。15分1時間EMAを抜いてからデッドクロス気味なところでタッチしたという事実も大きい。
矢印2:上値抵抗線抜けからの押し目買い。と言葉でいうのは簡単だけど、ロングするには条件が揃っていなさすぎ。
矢印3:高安値切り上げが見られる中での、上ブレイクまで聞いていた水平線にタッチしたところからロング。とこれも言葉で言うのは簡単だが、ジャクソンホールでのイエレン議長発言による値動きなので、手を出さない、も正解。

USD/JPY
USDJPY.oj5kM15.png

矢印1:先週からの上値抵抗線を抜いてからの押し目になるところですが、黄色のマーカーで囲った部分があまりにも汚すぎ来て、トレンドラインとして機能しているかが怪しい。ロング出来なくはないが自分はしない。
矢印2:リスクテイクなら、最後の押し安値に引けるラインを抜けて戻した2のところからショート。下値支持線を抜けていないので短期で考えておきたいところ。
矢印3:下値支持線を抜けて戻りを待つ場面。2番目の押し安値ライン到達が目標のショートとなるが、実際そうなってくれた。
矢印4:上値抵抗線を抜けてから、最後の戻り高値ラインに支えられたところからロング





為替・FX ブログランキングへ
よろしければランキングをクリックしてくださいませ。
あなたのクリックが、ブログ更新のモチベーションに繋がります!