おはようございます。
昨日はメインプランが外れて、注意したいと書いたMA回帰が発生しました。
あの急落に乗っかりたいと、いつも思うのですが、いつ止まるかと考えると二の足を踏んでしまいます。
急落急騰は、始まったら飛び乗って飛び降りるが大体正解なんですが、私はよく乗り遅れてやられていました。
なので、最近は見ているばかりです。(乗り遅れもしません)

では、本日の相場環境認識と戦略について考えてみたいと思います。

  • ドル円
USDJPYDaily
USDJPYH4

長期トレンド転換可能性は一瞬で無くなりました。(;^ω^)

昨日も書きましたが、長期のトレンドが一発で転換することはまず無いので、転換開始から確定まで少なくとも3か月は見ないとダメだと思います。その間はレンジ相場です。
 

短期上昇トレンドは黄色チャネル上限と日足上値抵抗に跳ね返されて106円ちょうど付近まで落ちました。

注意しておきたいと言っていた「MAへの戻り下落」が起こり、日足MAでサポートされた形になっています。
 

今日は、上値抵抗が機能したことと下はMAが集中していることから、ざっくりですが105.50106.50のレンジで推移する可能性が高く、プランとしては上限下限からの逆張りがよさそう。

ただ月曜始値を下回っていないこともあり、下限のレジスタンスはそれほど強くないことが想定できますので、押し目買いのポイントの選び方はトレンドを見て慎重にしたいところです。


  • ユーロ円
EURJPYDaily
EURJPYH4

長期トレンドは、下落のままです。
 

4h足は三角保ち合いの形から上へブレイクした後、直近高値のレジスタンスで跳ね返されて、レンジ相場を作っています。MAも平行に推移しています。
 

見た目116.11118.46のレンジに見えますが、大きな視点でみると黄色チャネル下限まで下落幅があるので、押し目買いは控えて、上からのショート作戦が良いと思います。

もしくは無理に手を出さない。


  • ユーロドル
EURUSDDaily
EURUSDH4

長期トレンドはレンジのままです。

中期スタンスのスイングトレードは危険なので見送りとし、明確なトレンドが出るまで待ちです。
 

1.10000を下回り、昨日も直近安値を更新していますが、再び1.10000をサポートとして戻ってきました。

引き続き、無理に取引する相場では無いと思います
 

1.10000からロングしていれば勝てそうな相場ですが、地合いは下落なので、いつ本格的にブレイクしてもおかしくないですね。





為替・FX ブログランキングへ
よろしければランキングをクリックしてくださいませ。
あなたのクリックが、ブログ更新のモチベーションに繋がります!