おはようございます。
利確は本当に難しいです。伸びると勝手に思って放置したら妥当な位置まで登ってしっかり落ちて、放置してたために建値になったというすごい悔しい思いをしてしまいました。
これ普段はチキン利確でさっさと手仕舞いしてしまうので、その反省から少し我慢してホールドした結果なのですが、裏目にしか出ない。
修行が足りないってことですね・・・。一晩寝ても感情がいまいち収まってないな~。

では、本日の相場環境認識と戦略です。

ドル円

USDJPY_H4
USDJPY_H1

長期トレンドは104.50を超えるか100.00を割るまでレンジ。
 

104.50の攻防はティーズブレイクに終わって下落しました。

とはいえ、高安値切り上げの緩やかな上昇が続いていますので、日足レベルで見る上方ブレイクのビルドアップは続いていると見て取れます。

また暫く様子見の期間に入ってきました。

下値抵抗線がサポートされるか抜けてしまうかを見極めてからポジションを持ちたいところ。

103.60を割ってくるようだと、ブレイク失敗からの下落に変わってきます。



ユーロ円

EURJPY_H4
EURJPY_H1

長期トレンドは116.35を超えるか112.00を割るまでレンジ。


昨日は少し下押ししてからの上昇の波に途中から乗れたのですが、持ちすぎました。上値抵抗線で跳ね返されて建値まで戻って終了という何とも勿体ないことをして、損切りしたときよりイライラしてしまいました。利確ポイントは明白だったのに単にもっと伸びるだろうという意識が利確を先延ばしにしてしまいました。


さてユーロ円は、一旦上値が抑えられた形。

ここから上昇するにしても、113.80あたりがひとまずの上限。むしろ戻り売りポイントとなりそう。

はプルバックが無いとショートを持つには勇気がいる形ですね。

113.30くらいまで下げてから113.5060まで上げて、下がるという形になると三尊形成で綺麗なのですが、さてどうなりますか。


ユーロドル

EURUSD_H4
EURUSD_H1

長期トレンドはレンジのままです。
 

4時間足のパーフェクトオーダーはそろそろ終わりそう。短期EMAが上を向き始めてきています。

4月の高値からの下落幅を見ると、1.07500あたりまでの下落は想定できますので、下落が止まるか続くかの様子見の期間に入っていそうですね。

1時間足では高値切り上げ安値切り下げとバンド幅を拡大させて動いていて、方向感が出ていません。

どちらかにトレンドが出るまで様子見したいです。(少なくとも安易なロングは避けたい)




為替・FX ブログランキングへ
よろしければランキングをクリックしてくださいませ。
あなたのクリックが、ブログ更新のモチベーションに繋がります!